スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『高知日帰りの旅』の巻

なんか年数回の更新でございましょうかw
先日職場の日帰り旅行で高知竜馬探索のたびにいってまいりました。

見所は瀬戸大橋→飯→竜馬記念館であります。
片道でで4時間座りっぱのバスのたび、これはつらい、しゃべったり風景を見たり寝たりしながらなんとかやっていきました。

大橋入り

2時間ほどかかり瀬戸大橋へ・・写真で見ると西洋のお城みたいだな、以前はフェリーで下から見ましたが
こちらもナカナカ。

大橋車窓

バス進行方向を撮ったイイね、自分で運転も何時かは・・。

車窓工場

工場、見慣れてるひとはただの工場。ココより手前の工場地帯も見たかったな、高速だから見えるとこ限られちゃうのね。


ぷにぷに工場

玉だ、玉!ガス球だ!中身は何か知らんが。
工場にも人がたくさんいて働いて生活がある、ここで生まれればまた違う人生だろうなーと眠たい頭で思うのでした。


お山のお寺

ガイドさんがいうにはあの山のお堂でなんたらかんたら・・・・寝てました、すいません。


あそこの店

あやしき入り口

昼食

飯、すこしトラブルがありましたが割愛、生ニンニクのお陰で旅行後半戦はえらいことにw
かわったお店、かわった店長でした。一億円札もらったしw


高知の駅

高知の駅だそうです、日帰りなのでまったり歩くこともできない。ゆっくりしてみたいな、いつかは。

赤い橋

赤い橋、なんかガッカリ名所のひとつらしい、歴史or橋専門マニアならそんなこともないでしょうが。

赤い橋の反対側

反対側を撮る。いいとこじゃん、夏なら涼しそう。

記念館遠景

山ばかりでいったい海はどこだとおもっていたらいきなり海w
高知はそういうところらしい。
そして竜馬記念館の全貌が明らかに。

記念館

記念館入り口、けっこう人います。なかには竜馬の個人情報がぎっしり、返り血のついた屏風とかもあったな。
興味のあるかたはどうぞ、福山さんはいませんでした。

展望

屋上は展望台となっております。そらがきれいなので撮りました。

太平洋

太平洋、わが日本海となにかがちがうとおもいつつ眺める。うーん心なしか穏やかか。


りょーまぞう

お土産屋のならぶ海岸へ、記念写真を撮るということで階段を少々のぼり竜馬像へ、
撮影はおわったが2人ほど遅れてやってきたwあとでみるとこの写真、あまり上手では・・(略


桂浜にて

桂浜、5色の石が落ちてる砂利ハマ。みなさんが拾う、結構いい色形なのです、乾くとそうでもなくなる不思議。
おみやげ物屋にも売ってます。


うふふふっ あはははっ パシャッ パシャッ

竜馬像まえでも撮っていたウェディングな方々。

こ、これは! ふっくらとした生地にうどんが入ってその食感はまるで・・そう! チーズだ! じゃあうどんが臭いのか?いやちがうこれは・・・・

いきなり飛びますが帰りの豊浜サービスエリアにて。
「ぴっぴ天」というらしい。隣に並んでるタコ天もおいしそうだったがこちらは最後の一本。
てんぷらにうどんが入ってるwたべてみるまで判らなかったw
きもちチーズちくわに似てた。又食べたいなこれ。



帰りの大橋車窓

帰りの大橋、入り口、見えるは鉄橋、電車が見える、ただの風景でしょうが良いんです。これが。

船をみた

瀬戸内海を船が進んでます、結構大きい船いるねー。

もっとおおきな船をみた。

正面から見ると凄い縦長の船だったが倒れないのか?大丈夫か?まぁ大丈夫なんだろうが・・。


まったく世の中をしらない私には良い旅でした、座りっぱで疲れましたが。

今度夜の工場地帯が見たいな、あと遊園地いきたい。

















関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。