このエントリーをはてなブックマークに追加

「渦」キャストパズルで遊ぶ キャストスパイラル編

s_DSCN5502.jpg

キャストパズルを初めて手に持ったのは10年くらい前だっただろうか?

キャストパズルという名称さえも知らない頃だった。
どこかで見たことあるのかもしれないが。

とある日近所のコンビニの片隅に雑貨おもちゃがいろいろと売っているのに気がついた。
そこには商品とお試し用パズルが置いてあった。
手に取ったパズルがこのスパイラルという鉄の塊でした。

通常時は丸く組んであるのですが、持つとズルッと螺旋状にずれます。
「おっと?!」
と、思わず落としそうな感じになりあせります。

さてさてコレを分解するらしいのですが、これが難しい。
どこの場所も同じように見えて無理だとおもわせます。
このときは弁当を買いに来たので別に解けなくてもいいやって感じで終えました。

後に本屋で見かけたときに始めて買おうか悩み
幾つか手に入れたあとに満を持して購入。

こちらの総合難易度は5(最高6)

ひらめき指数 6(6段階中)
論理指数 4(6段階中)

やはり難しい方らしい。
まさかコレをあんな感じで外すとは・・・後半へ




関連記事
テーマ: ホビー・おもちゃ | ジャンル: 趣味・実用
このエントリーをはてなブックマークに追加

アナログお絵かきに方向が戻っている?コピック編


コピックとは?
豊富な色数があるマーカーといったところかな?
ずいぶん昔からあるのだが絵の具ばかりだったので知ってても買おうとおもってなかった。
自分の知ってる限り漫画のカラー原稿やカンプ絵で使ってる感じかな?
(カンプてのはイメージボードというのが適当か?わからん企業CMのイメージイラストとか?)

まぁとにかくアナログですね。
瓶インクで試したころもあったがなじめなかったな。
鳥山明氏がDr.スランプの扉絵などでマーカーなどのインクを皿につけて筆で塗っていたのが
絵を描き始めたころに覚えた記憶がある。

良く知らないなか某動画でコピックを使って描いている方を見つける。
下地が白なのでそれを生かす水彩的な描き方
色味を変えて重ね塗りして滲みをだしたり、透明なペン(いまのところ謎)で滲ませてたり。
若い方だけど上手だった。

よーしオイラもやってみるかーなんて幾らか調べてみたら・・。
なかなかのお値段でw


Too コピック スケッチ 36色セット

新品価格
¥12,356から
(2015/12/18 01:50時点)



これは自分に対する覚え書きみたいなものなので買えと言う意味ではありません。



どうやら色んなセットがあるみたい。メーカーも違うのがあるがやっぱり違う感じなのかな?

コピックチャオ24色 人物と背景セレクトLight

新品価格
¥6,480から
(2015/12/18 01:53時点)




呉竹 ZIGクリーンカラーII60色セットTC-6600/60V

新品価格
¥4,393から
(2015/12/18 01:54時点)



メーカー違うけどレビューは好評価のよう、コピックとあわせて使ってる方もいる。



Too コピック チャオ 72色 Bセット

新品価格
¥19,440から
(2015/12/18 01:59時点)



この価格が捻出できれば・・ぐぬぬ。



Too コピック ペーパーセレクション No.3 カスタムペーパー101 厚口 A4 40枚入

新品価格
¥756から
(2015/12/18 02:01時点)



紙の話題がでてた。コレが専用らしい。
動画の方は色紙だった、ふちが金なのでかっこいい。

色によって滲みムラが違うらしい、コレはやってみなけりゃわからない熟練の域。


Too コピック エアーブラッシングシステム エア缶直結セット ABS-2

新品価格
¥1,900から
(2015/12/18 02:07時点)



エアブラシ的なのも文具屋で見たと思い探してみる。
コレを使うなら違うメーカー買えないな、うむ。


昔、イラスト用に安価エアーブラシを買ったが思った風なことができなかったの思い出したわ。
いまはパソコンで手も汚れないときてる。良い時代ですね。

わけあって無くしてしまったが今ならプラモデルで使えたんだよなーと後悔。

先日友人に連れて行ってもらったプラモ屋に安く小さい高機能であろうコンプレッサー、エアブラシがあった。
時代はつねに流れている、物はよりよい物へと進化している。


ヤフオクにアナログ絵を売っている方がいたな。
それしか存在しないイラスト。昔はそうだったな。
デジタルでデータ複製できるイラスト、これはまさに仕事的、ネットを介して
やり取りできる。
何が言いたいか?わからない、デジタルとアナログのハザマでいまだに苦悩しているじぶん。


関連記事
テーマ: イラスト | ジャンル: 学問・文化・芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加

夢の中の眠たさ。

itono.gif

適当につぶやき

先日の夢は机に向かってゲームをしている夢だった。
あまりにも退屈だったのかすごく眠たい!!と感じ眠りに落ちる夢だった。
次に目覚めたときは現実だったわけだが。眠っているのにねむたいって、病気じゃん。

相変わらずののび太状態。
そんなに現実が嫌いなのだろうか・・。


夢と言えば夢占い今回のことを調べてみる。
かいつまむと

精神的に追い詰められている
前途多難
現実逃避がしたい
心身ともども疲れ果て
限界に達している
無意識のうちに休息を求めている
体調を崩す前兆

ふむふむ、なるほど!
いつも通りでした!

もうずっと昔からこの状態なんですけどねぇ・・・。

関連記事
テーマ: 今日のつぶやき。 | ジャンル: 日記
このエントリーをはてなブックマークに追加

「針」キャストパズルで遊ぶ キャストニューズ編


s_DSCN5526.jpg

キャストパズルかうぞーという気持ちから、じゃあ何を買おうか?簡単すぎたら?5秒でとけたら?面白くなかったら?
と要らぬ考えがよぎる、まぁこれに限ったことではないけどね買い物するときはいつもこんなんだし。

重い腰を上げ初めて買ったのが、このニューズというパズル。
鳥取の尻尾の付近の大型スーパーにてほこりをかぶってた黒い箱を見つける。
キャストパズルの歴史とは裏腹に認知度がうかがえる。

ここから先ニューズの話を書きますが、ネタばれ成分が人によってはあるかもしれません注意してください。
分解後の写真もあるので「あ~こうなるんだー」と感づく方がいるかもしれません。

あと検索もいきなりネタばれ文字が飛び込んできます。検索してはいけない。
探したい方はハナヤマのHPからニューズを探すことをお勧めします。


s_DSCN5528.jpg

キャストニューズ
難易度は最大の6 今回の箱は星の数ではなくサイコロの目で表記
初めてだからすぐ解けそうなのはパス、もう絶対解けないようなのを最初にやってみようと思った。
そして
なにがいいって鉄の塊!ずっしりとした文鎮感!これさえあればメモ用紙も風で飛ばない。
投げつければダメージもそこそこ
そして、どうにかすれば分解できる未知感!!
予備知識は無し。出たとこ勝負。

触ってみると少し境目がカタカタ動くだけ。
押しても引いてもびくともなんとも。
書いてある方角が関係あるのか?

1日でやっと分解したが正規のはずし方ではなかった。ちょっと壊れ加減だったしw
仕掛けは「あ~そうなんだ、こういうのありなんだ」という感想。

後日友人にみせたら

「パズルあまりやらないけどコレがこうなってる感じかな?」

と即答wおそるべし。

解いてみせてはくれなかったが大体あってたので時間の問題だろう。
もうちょっと楽しめよ。


キャスト ニューズ♪生活雑貨・家電 ジグソーパズル キャストパズル 知恵の輪

価格:692円
(2015/12/14 16:30時点)






続きは分解後の写真あり、極力ネタばれは避けてるがヒントにはなるかも?
関連記事
テーマ: ホビー・おもちゃ | ジャンル: 趣味・実用
このエントリーをはてなブックマークに追加

「合」キャストパズルで遊ぶ キャストループ編

s_DSCN5565.jpg

「ハナヤマ」キャストパズルシリーズ
手に取るとずっしりとした重厚感、見たことあるなーというものから無理だろという感じのものまで。
難易度も星の数で設定してあり遊んだ人の意見により変動したりしているみたい。
かなり古くからあるらしく歴史がある、にわかの私にゃ語れないのでそれなりのファンHPへGO!

組んであるものをはずして元に戻す、ここまで遊べるのですが一筋縄ではいかない。
偶然外れてしまったときの収集できなさが熱いですw

今回から手持ちのパズルごとに遊んだことを書いてみる。
ネタばれは極力避けていくが一応「続きからみる」を押してもらうようにしとこう。

自己マン+ブログを書く癖をつけるのが目的ではありますので
投げッパな所もありますが、ご了承ください。


今回はキャストループ テーマ的漢字がふってあるらしくこれは「合」
キャストパズルの出会い(?)からループで遊んだあたりを書いていきます。

ずっと前から某本屋の吊り下げ売り場の所に黒い箱がずらりとならんでいた。
以前からあったのだが興味がなければ見向きもしなく、その存在は自分には無かった。

それぞれ箱の中には鉄の塊、まるいものや四角いものの組み合わせ、
なつかしの知恵の輪らしき大きなけったいなものまであった。

足らない頭でゲームつくりに限界を感じた私は何かアイデアやヒントを求めていたのだろう。
このパズルにゲームの本質があるのではないかと勝手に思ったりして。

この本屋に行くたびに買おうか、やめよう千円するし、本買いにきたんだし、と葛藤。
ホームページも観たりして次第に手に入れたい欲求が高まっていった。
うまいこと流れにのせられてるぜ。

ツボにはまると買い集めるのは昔から知っていた、だから人が良いと言うものも見ない振りに
してしまうこともある、面白いのは判ってるんだから、そしてお金がいくらあっても足らないと・・。



そして今、何十個か持っているw
3年くらいでこの有様、最近はセーブしてる、最新作は田舎なので見ることは無い。
通販も安くていいけど、お店で見つける楽しさが無いしなぁと。

以降ループのお話


関連記事
テーマ: ホビー・おもちゃ | ジャンル: 趣味・実用

スポンサーリンク

スポンサーリンク