このエントリーをはてなブックマークに追加

いつぶりの大雪でありましょうか

記憶に残っている大雪は小学生時代。
登下校に腰以上に積もった雪をかき分け歩いた・・ような覚えがある。
山の中ではないのだがあの時代はまだ大きな道が整備されてなかった。

先日の雪はおそらくそれぐらい以上降っていたのでは。
発表では60cm~80cm~とも言われている。
大げさな。といたいところだが屋根にも道にも車にもそれぐらい積もっていた。

家の前は2台の車がかわせるか程度の道、ひとたび積もれば1車線となり
わだちは下手こいた車の凸凹で左右にぶれている。

家のトラックで走ったがハンドリングは右に左に忙しい。
100mくらい行けば大通りに出れるがそこまでが生きた心地がしなかった。

先月の雪の様にそのうち溶けるだろうと踏んではいるが・・・。


古い家なので屋根が心配。いや、全体的に心配、去年の地震のダメージが
無いことを祈る。まじで。


ニュースで22年前にも大雪があったといってたが、あのころは・・・覚えが無い・・
でもバリバリに凍ってた覚えはあるな。
通勤中の車で前の車の急停止で避けてロックしたままツーっと対向車線にでて逆ハンで戻ってたわ。
土手上の道なので左右は落ちるだけ。対向車は察して遠くで止まってくれてたな。
今思うと・・・怖い体験ではあります。


昨日は弁当かって食おうと思ったら弁当屋が17時で終わり
着いたのがその辺でちょうど電気が消えた瞬間であった。
口の中はチキン南蛮の受け入れ態勢だったのに・・・。

この店の向かいに大きな駐車場があり一面の雪
奥のほうに車が一台、雪を下ろしている方がいたのでお手伝い。
車は出ることは不可能に近い。
荷物が取れればいいとのことなのでドアが開くようになり解決。
役に立ったかは疑問ではあるが。


でもあれですね、手伝うってのは何かホッコリしますな。
最近味わったこと無い感覚、現代にたりない要素か?
偽善とか変な言葉にとらわれて何も行動できてないのではと
考えさせられる場面でありました。


正直、見知らぬオッサンが近づいてきたら怖いですもんね。
相手が変なリアクションしなくて良かったよw



後、うちの猫が雪が楽しくて仕方ないらしく外へ出せと要求してくる
雪かき中出してやるとはしゃぐはしゃぐw

山になったところを駆け上り降り
新雪の平らなところへ乗りずぶずぶっと埋まったり
丸い雪あれば持ち上げたり転がしたり
飼ってきた歴代の猫でここまで遊ぶやつは初めて。

今の猫はこたつでまるくならないみたい。
ストーブの前でひっくり返ってバンザーイはしてるが。






関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク