このエントリーをはてなブックマークに追加

生活苦そしてお絵かきたのしす

まぁ皆くるしいわーといったらおしまいの話なんですがね。

だんだん締め付けられて、もう締まらない所までいこうとしてる手前なんですが、お絵かきをしていると色んな事を忘れて無心になれる。

PCが重みで軽くフリーズする時に我に返る。

安フォトショのフィルタをかけるとフィルタの種類によって完全フリーズするデータ保存をしない時は最悪だ、環境は10数年前と変わってない、なんだろ・・・。これ以上書くと危険なのでここまで。


今日の一枚のコーナー


兜おっさん挨拶


そんなフィルタを使った一枚はこちら、はてなブログのだれも読まないページと上部メインタイトルに配置。
タイトルは比率が良くなかったのでトリミングで逃げる。

ピクシブにも投下しとこうかな投下すればするほど見てくれることが最近楽しくなってきた。
お気に入りも1件頂きました。1000件ぐらいになったら天狗になるのかな?


今回も鉛筆、なんか鉛筆がしっくり。
デッサン道は自分には厳しい試練だが
描けるところまでがんばる。

はみでた線もまたよしかな。

用紙はコピー用紙、
あなどるなかれ鉛筆にあうザラツキ感。
自分だけか、今それしか選択がないからか。

スキャンするとアレが長いこれが変だ、が始まる。
妥協ある修正をする。
ペイントソフト様様、鉛筆画家さんには申し訳ないw

自分の画像加工のやり方は今まで読んできた本や雑誌のお気に入り方法の集大成。
常に溜めていったものを駆使する。

ひとつのものを知った時「これ使ったらパクリだよな?」とも思ったが。
何年もたつとその技法は一般化又は消え去るパクリどうこうの問題ではなくなる。

さらに組合せば新たな表現へと広がりを見せる。
答えのない世界は実に面白いものである。


モチーフは・・・兜、おっさん、スマホ、天使、そしゃげ・・・

天使は昔、友人が気に入らなかった。

なんでも「いとき」がこういうものを描いちゃいかんという、要はベタを描くなという無茶な要望。

それをあえて描く。
実際星とか、ハートとかドクロとかあまり描く方としては好みではないのだが、それを描いた方が受けがいいのも現実、世の中は意外と単純なものでもあったりする。

それをよけてよけてド壷にはまるのが創作者の性、順応すれば商業的にも上手くいく。

前にアメリカ西海岸風のやつ描いて叱られたなw
表現の幅がなくなるでしょうがw


ソファーと壁もレリーフ、模様をスット入れたかったが力尽きてごまかし。

おっさんの持つスマホらしきものは、こんなのあったらイヤだなー的なスマホ、ゲームで天使とバトルと言ったとこか。


鉛筆の味わいが出た久々に良い物が出来たと錯乱している。

レイヤーフィルターの絶対使わないであろうフィルターを使うと意図しない色調が出てくる。
採用。

解像度300で作ろうがWEB用に100くらいになるとほとんどが潰れる、ほんときらい。
おっさんココ絶対慣れないわ~。
ごまかしには最適だけど。


当分このスタイルで行くかな。
あとはデッサンあるのみ。



関連記事
たった今起きた起きた出来事 | Home | ふと、ゾンビゲームでぎゃーぎゃーさわぐ放送見て思いついたんだが

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

スポンサーリンク

スポンサーリンク