スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加

やすものがいのぜにうしない

定期生存報告

手持ちの鉛筆が短くなり、ノートも補充したく某100きんへ。
鉛筆は某商店で2Bをダースで買ってきているのだが
まぁ大差ないだろうと鉛筆系のところへ。

0.3mmのシャーペンや0.9?の太いものとかもある
三角のもち手の鉛筆もありどれも試したくなる品ぞろえ。

3本入りの2Bは普通に使えた覚えがあるがその横に12本入りのBがある。
ちょと細めの線にしたく濃いさもほしいので試しに買う。

使ってみると薄い、HBより薄い、手持ちのBと比べてもぜんぜん違うという・・・。

ちょい昔にどっかの100きんで6Bというのを見つけ飛びついた。
6Bのもっさりとした芯は削らないと判断できなく、削った後シャキーンっと光る芯に落胆したwもちろんカリッカリのラインが引けます。

どの鉛筆もそうではないのだろうが用途に応じて購入を考えていかないとアレですね。気をつけていきましょう。

しかし100均はたまに掘り出し物的なものがあるので馬鹿にできません。
いまやアクリル絵の具もある。パステルもすごい。文房具やもあがったりです。

ステッドラー ルモグラフ製図用高級鉛筆6B 100-6B 12本入り



調べるとこの鉛筆が良いらしいです高級はブレはないでしょう。
そういえば大昔使ってたような・・。


先日、中古のパソコンでもいいものがないかと探すと今ギリギリ使ってるノーパソより断然良いものが1万円台で買えるではないですか。ずっと10万ぐらいという固定観念があることに歳をとり次第に思考停止していた自分に腹立つ。

1万といってもそれなりの装備、HDD、SSD(これを知らないレベル)CD、DVDを強化したくてたまらなくなる絶妙なスペック

鉛筆の感覚でいくと思いもしないものをつかまされるか心配。

初めてパソコンを買いに行き10何万も払ってがんばったのに数ヵ月後に良スペックがでるというあの日を思い出しつつ販社HPとにらめっこである。


「パソコン買うんなら何をしたいかで決まりますよ」

と言われ、絵を描く中心で店員に相談したのにまともに使えんPCを買ったという情弱
知り合いに相談したり雑誌も読んだがねぇ、今は簡単にHP見れば良いじゃんと言えるが。

車買ったときもそうだったが、初めての人からが一番金が取れるんだろうなと社会勉強になってたわけですよ。
でもいいものを買うわけですからそれなりの保障はつきます。誤解の無いよう。

ひのき→鉄のつるぎ→はがねノ剣→以下略
DQの精神が今も生きる。

鉄の剣を買いすこし強い敵を倒さないと強くなれません。
ひのきの棒やなべのふたでラスボスを倒す縛りプレイでもいいのですが人生はそんなに長くない。

もう旅人はできないのだろうか・・・。





関連記事
グラブル雑記カジノ攻略編 | Home | 逃げるは楽だが後々苦労する

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

スポンサーリンク